SHISHAMOワンマンツアー2018-2019「ねぇ、あなたとあの娘は夢でしか逢えない間柄なのにどうして夜明けにキスしてたの?」@台湾・Legacy Taipei 遠征記&ライブレポート

f:id:danr:20181109025430j:plain

 つい先日春のツアーの遠征記をアップしたばかりですが…先週から「SHISHAMO ワンマンツアー2018-2019」がスタートしました。今回は初の年を跨ぐツアーとなっていますが、その初日かつバンド史上初の海外公演である、台湾・Legacy Taipei公演に行ってきましたので、自分の遠征記を交えて軽くレポートしたいと思います。


 今回の海外公演、当初は台北に加えて上海公演も予定されており、ツアーの開催が発表されたのが8/17、海外2公演の詳細が解禁になったのが9/12。JTBのCMソング担当してるし、アーティストの海外公演でよくあるオフィシャルのパッケージツアーを組んでくれることを期待していたのですが…そういったものは一切無し。開催発表後、念のためパスポートの申請は済ませておきましたが、最早どこ在住かわからないぐらい全国飛び回っている私でも海外はやはりハードルが高く…「オフィシャルツアーが無いのなら行かない」、最初はそう思っていました。(握手会とか撮影会とかのふれあいは要らないんだけど、右も左も何もわからなくても安心だし何かあって公演自体が無くなった場合に代金保証されるので…)…が、やっぱりSHISHAMOの初めての事柄を見逃したくないのと、スターフライヤー国際線・名古屋⇔台北間が10/28~就航ということで、こんなにタイミングの良いことはない!(とんでもない価格のANAJALを除けば、他は直行便だとタイガーエアーとチャイナエアラインキャセイパシフィックのみ。タイガーはLCCだけど時間が合わず使えない。)…ということで、航空券やらチケットやら手配して初の海外一人旅決行。
 新たに就航したスターフライヤー国際線、名古屋→台北が8:30発、台北→名古屋が18:30発、という絶妙な運行ダイヤなので、前乗りはせず当日出発。前日は21時過ぎまで仕事していて家に着いたのは23時近く…25時就寝→4時起床のショートスリープで始発で空港へ。アクセスプラザでwi-fiを借り、そんなに時間に余裕はないので搭乗手続きしてすぐに保安検査場へ。海外旅行はケアンズ・ハワイに続いて3回目ですが、もうほとんど覚えてないぐらいで、ケアンズ行った時なんてまだセントレアじゃなかったです。

f:id:danr:20181109005005p:plain

 国際線は100ml以上の液体持ち込み禁止ですが、検査場通過の時点で持ち込めないってだけで中の売店で買ったものはいいんですねー。出国手続きして搭乗口向かったらもう機内への案内始まってました。結構ギリギリだったけど無事搭乗!

f:id:danr:20181109005235p:plain f:id:danr:20181109005336p:plain

 名古屋→台北機内食。全く期待してなかったけど、普通に食べられる程度でした。

f:id:danr:20181109005538p:plain

 約3時間半で台北到着。日本と台湾の時差は1時間、台湾が遅れている側なのでまだ11時。出国もそこそこ並びましたが、入国手続きってこんなに時間かかるんですね。。

f:id:danr:20181109010229p:plain

 無事台湾入国!まずは現地の通貨を手に入れないといけませんが、日本でも台湾でも両替はせずクレジットカードのキャッシングを利用します。翌月に返せば両替よりもレートが良いし、海外でも使えるか一度試したかったので。大金持ち歩くのも怖いのでとりあえず3000元(ざっと1万円)。

f:id:danr:20181109010330p:plain

 市内までの交通手段は地下鉄とバスがありますが、海外のバスに一人で乗る勇気はないので…地下鉄・MRTを利用して会場のある台北市内へ。普通と快速みたいに分かれてて、快速35分、普通で1時間弱で150元なので便利な方ですね。乗車券はこのようなコインのようなもので、入る時はタッチ、出る時は投入口にコインを入れる、という流れ。日本のようなICカードもあります。お札は200元までしか入りませんが、すぐ横に両替機あるので問題無し。

f:id:danr:20181109010628p:plain f:id:danr:20181109010643p:plain

 日本の地下鉄と大差なくあまり海外に来た感覚がないですが、台湾の地下鉄は飲食一切禁止なので要注意。
 会場のLegacy Taipeiは、忠孝新生駅から徒歩3分、善導寺駅から徒歩5分で、台北車站→善導寺→忠孝新生なので都心部かつ非常にアクセスの良い場所にあります。これぐらいなら普段なら迷わず歩きますが、2駅乗っても100円かからないし、この日の台北は残念ながら終日雨天…だったので、MRT板南線に乗り換えて忠孝新生まで。

f:id:danr:20181109012433p:plain

 着きましたー、ここがLegacy Taipei!台湾入国から一言も発してませんでしたが、ここまで来るとよく見る顔ぶれがちらほら居て一気に安心感。(雨が降っていたので3枚目は翌日の写真です。)

f:id:danr:20181109012932p:plain f:id:danr:20181109012942p:plain

f:id:danr:20181109013609p:plain

 オシャレなんだか古びてるのかよくわからん外観だけどライブハウスぽくはない。キャパシティ規定は1000なので、日本だとBLITZなどの中規模クラスのハコですね。防音なんてものはほとんどなく、リハーサル丸聞こえでした。
 18:30開場19:30開演でまだまだ時間があるので会場を後にしてホテルチェックイン。忠孝新生駅からも会場からも徒歩5分ほどのここに宿泊。

www.booking.com

 会場から近くて払えるぐらいの値段でそこそこクチコミも良い、ってことで即決でした。ユニットバスだけど割と小綺麗な感じだったので十分満足。1泊で2448TWD。無駄にツインにグレードアップされることはよくあるけど、ダブルベッドが2つ並んでるのは初めて…。タオルもスリッパも4つずつありました。。

f:id:danr:20181109014946p:plain

f:id:danr:20181109015034p:plain

 日本語対応可と予約サイトには記載されていましたが、自分がチェックイン対応してもらったスタッフは中国語と英語しか通じませんでした。予め予約画面印刷しておいたし、宿泊中特にトラブルも起きずチェックアウト時はルームキー差しだすだけなのでホテルではそこまで苦労しませんでした。
 何か食べに行くかーと思ったものの、機内食食べてそんなにお腹すいてなかったし雨降ってて出歩く気分にもなれなかったので、コンビニで適当にパン買って済ませました。現地のコンビニはなかなか見当たらずセブンやファミマだらけでしたが、袋を貰えないことをすっかり忘れていました…。何も言わなくても当たり前に袋に入れてもらえる日本が珍しいぐらいなんですねー。
 ホテルで暫くのんびりしてから開場時間より少し前に出発。日本で購入したチケットは自分を含めて皆200番台でした。自分は整列してた人達が入りきってから入場しましたが、この時点では3分の1も埋まってないぐらいで、まあこんなもんだよねー…って感じで後ろでのんびり観るつもりだったのですが、開演時間が近付くにつれてどんどんお客さん増えてくる。(平日ってことすっかり忘れてました…笑)台湾だと終業時間が18:30ぐらいの会社が多いみたいで、それも考慮して日本と開演時間ずらしてるんですかね。19:30間際には隙間目立たない程度に埋まっていました。
 朝子の大好きな台湾のソロシンガー、クラウド・ルーから御花きてました。一時期「この人のこと以外考えられない」とまで言ってたのにパッタリ言わなくなったの地味に気にしてたんだけど…べつに意味なんてないかー。(笑)

f:id:danr:20181109022022p:plain 

 ほぼ定刻通りに開演、いつものワンマンと同じSEが流れメンバー登場。朝子の「タイワン!」という一言からライブスタート。
 100%変わるのでいいよね…ってことで、、今回の台北公演はツアーの初日に組み込まれてはいるものの、この日は代表曲中心のセットリストで『SHISHAMO 5』からはリードの2曲とシングルとそのカップリングのみ。…ということで、(予想はしていましたが)ライブでまだ演奏していないM04~06は東京までお預け。(春ツアーの会場によっては08も。)野音でも東西ともにスルーされ、6月にリリースされてから「もーどんだけ焦らすねん!!!」…って感じで少しだけ残念でしたが、初の海外公演ということで今回はこれで良かった気がします。観察日記によると夏の恋人は急遽披露することになったそうでグレッチで弾いてたみたいだけど全く記憶に無い。。セットリストは下記にアップしました。

www.livefans.jp

 簡単な挨拶と自己紹介ぐらいは覚えてくるとして、それ以外のMCどうするんだろ?と思っていましたが、SHISHAMOのワンマンでは恒例の「中学生!」「高校生!」といったお客さんの属性調査や松岡によるタオルの前説まで中国語でこなしていました。曲中の「せーの!」も中国語で。(「♪イーアルサンスー!」は直訳だと1・2・3・4)台北に来てからのことやアンコールでの最後の挨拶は日本語で話していましたが、かなり通じてるみたいでメンバーも「必死で覚えた中国語よりも日本語の方が伝わってる…!」なんて言ってました。「○○って中国語でなんて言うの?」と聞くとすぐに教えてくれたり、台湾のお客さんと難なくコミュニケーションが取れていてとてもあたたかい空間でした。「またすぐに来たい!」と何度も口にしていたので、近いうちに2回目の開催ありそうですね。「次来た時はペラペラになってる」とのことなので楽しみにしてますー。(笑)(自分も、次行く時までにはもう少し中国語勉強していきます…。看板や案内表示は漢字の雰囲気で何となくわかっても、トークの方はどうにもならないからね。。)ライブ翌日にツイッターに投稿したMC簡潔レポのまとめを作成しました。

togetter.com

 開催が発表された時は正直成功するとは思えず、スカスカもしくは日本人が多数派だったらどうしようとか心配していましたが、フルキャパとまではいかないものの現地のお客さんで大半埋まっていて、SHISHAMOの音楽が海を越えて伝わっていることがわかり胸がいっぱいになりました。「みんなはどうやってSHISHAMOを知ったんですか?」との問いかけには、YouTubeや紅白といった返答が。前の記事にも書きましたが、「ラジオでもYouTubeでもいいからSHISHAMOの曲を聴いてほしい」という朝子、ほんと最高にかっこいい。自分は音楽のこと全然わからないけど、それでも朝子の作る音楽に惹かれてここまで夢中になって応援しています。これからも自分達のペースで音楽続けていってください。ひとまず…初の海外公演、成功おめでとう!それを自分も共有出来て嬉しい限りです。久し振りにZeppクラスのデカバコ以外のライブハウスでSHISHAMOのライブ観れたし、ビビりながらも遥々海外まで行った甲斐がありました。終演後は、出入口付近でメンバーとハイタッチをしてお別れ。外では↓のポスターを無料配布してました。

f:id:danr:20181109022502p:plain f:id:danr:20181109022203p:plain

 終演後、現地で知り合った日本語を話せる台湾のSHISHAMOファンの方を交えて(何故か私のこと知ってました…)、会場の最寄り駅・忠孝新生の近くの有名な火鍋屋さんに行きました。MCで「今日の夜は火鍋です」と言っていたので他のお店を探したのですがここ以外に夜遅くまで空いてる飲食店が無く…恐る恐る向かいましたが、SHISHAMO御一行様はもっと高級な火鍋屋さんに行ったのかなー、鉢合わせなくてほんと良かったー。(笑)(そんなことがあったら今度こそ出禁になります…)
 メニューに英語も日本語も併記されてはいたものの、店員とのやり取りはもちろん中国語オンリーなので、現地の子に通訳してもらえて本当に助かりました…。居なかったらほんとヤバかった…。(飲食店でもノリでなんとかなりそうだけど、鍋の説明最初から最後まで何一つわかりませんでした。。)結局何頼んだのかよくわかってないのですが…(笑)、2種類スープ選べる鍋で白いマイルドなスープと赤いスパイシーなスープ。

f:id:danr:20181109022820p:plain f:id:danr:20181109022919p:plain

 グツグツしてきてすごーくイイ感じだったんだけど、写真だとそのイイ感じ加減が出ていなくて残念…。タレ・薬味はセルフで、ご飯も付いてます。パイナップルビールとマンゴービールを頼んだけど、どちらも飲みやすすぎて美味しかった。こんなにフルーティーなビールあるんですね。

f:id:danr:20181109023048p:plain

 これいくらになるんだろう…と怯えながら食べていましたが、全部込で一人辺り600元!これだけ食べて飲んで2000円ちょい!安すぎ!!!ビールも瓶で100元なら安いし、食後にピーチ?のスムージーも出てきたし、来て良かったです、大満足。

無老鍋 Wulao

f:id:danr:20181109023800p:plain f:id:danr:20181109023905p:plain

tabelog.com

 翌日の戻りのフライトは18:30。余裕を持って空港に着くこと考えるとどこか観光に行くような時間はなく、チェックアウトの12:00ギリギリまでホテルに居て、ご飯食べてそのまま空港へ向かう予定でした。お昼は機内で貰ったパンフレットに載っていたサンドイッチ屋さんに行こうと思い、英語で乗り切って入店したはいいけど頼もうと思っていたサンドイッチがメニューに無く…適当に頼んだけど「これしかありません」とサンドイッチ以外のページを指し示される。一応英語表記もあったのですが面倒なので「それ下さい」といい…何が出てくるか未知のまま待つこと数分、出てきたメニューがこちら。

f:id:danr:20181109024051p:plain f:id:danr:20181109024157p:plain

 食べられそうなものでひと安心。結構美味しかった。オムレツの上に乗ってるのは美冴貴ちゃんの大好物の茄子。
 サンドイッチ屋さんというともっと有名なお店がありますが、ホテルから少し離れていたので諦めてしまいました。
 14:30のMRT空港線に乗り、3時間前には空港到着。搭乗までかなり時間がありましたが、御土産見てたらあっという間でした。SHISHAMOのお客さんでもなんでもないけど行きの飛行機乗ってたなーって方がちらほら。台湾はパスポートの必要な国内、ってぐらい気軽に行けていいですね。帰りは飛行時間2時間15分だったので、北海道や沖縄行くのと変わらない。(何故帰りの方が1時間短いのかは謎…なんでだ?)
 小籠包も食べてないし台湾らしいもの何一つ食べてなかったので…最後にタピオカミルクティー飲んで日本へ帰りました。(最後の最後に初めて日本語通じた…!空港内のお店だからかな。)50元で買って、御土産屋で使える30元の割引券くれたんだけどよいのだろうか…。(笑)(実質約70円)

f:id:danr:20181109024339p:plain f:id:danr:20181109024438p:plain

 定刻より少し早めにセントレア到着、終電も問題なく間に合い無事帰宅。行く前は正直かなりビビっていましたが、まずは無事に日本へ帰ってこれて本当に良かったです。。普段は一人でどこへでも行けるし自分は一人の方が気楽で好きだったりするのですが、海外ばかりはやっぱり色々と怖いので誰かと行きたいですね。。お母さんを連れて来てる人が何人か居たけど、ウチの母はシンガポールなら行きたい、と言ってました。(海外に限らず、一度SHISHAMOのライブに連れていきたいと思ってるけど未だ実現していません。)3000元引き出して残ったのは552元。大金持ち歩くのは危険だけど残金ギリギリなのも怖いので、いい感じの見積りでした。台北→名古屋の機内食はこんな感じ。機内でビールのサービスあるの物凄く驚いたのですが、国際線だと当たり前なのだろうか…。(行きは我慢しましたが帰りは貰いました。)

f:id:danr:20181109024649p:plain f:id:danr:20181109024814p:plain

 当初の予定では台北からそのまま上海へ飛ぶスケジュールでしたが、延期ということで…こんなこと言っちゃいけませんが正直かなりほっとしています…。4日間一人海外はさすがにヤバい。台湾は日本人歓迎ムードだけど、中国はまたちょっと違うみたいだしね…。"現地事情"とのことだけど、何というか…あまり無理しなくてもよい気がします。台湾公演は大成功だったけど、申し訳ないけど上海では集客出来るとは思えないので。。(楽しみにしていた上海のファンが一人でも居たらその人には申し訳ないけど、ボランティアではないのでそれなりに集客出来なきゃ意味がない。)仕切り直して開催するにしても行くかはまだちょっとわかりませんが、台湾にはまた近いうちに行きたいと思っているので(残った台湾ドルは再両替してません!)、次の開催楽しみにしてます。
 日付変わって今日から!ツアー国内編がはじまります!「夢で逢う」がやっとライブで聴ける、、!皆さん、各地でお会いしましょう。
※今回、全通するかは未定だけどひとまず台北遠征でかかった費用は記載したいと思ってますが、一旦ドラフト版としてアップして後日しれっと更新しておきます。